· 

『Simple is best』

葉隠に、『ものが二つになるが悪しきなり』とあります。 

多くを念頭におくことにより、迷いが生じるからでしょう。

 

 

 

そこで、僕の好きな言葉が登場します。

 

 

 

『一貫不惑』 

それは、一事を貫き通し、迷いなしと云う意味で、 

まさに迷いを振り払う最善策だと信じ、いままでやって参りました。

 

それは、図に当たらないこともありますが、 

思いに思い、迷いに迷い、悩みながらの間違いに比べれば、 

ぶざまでもなく、いっそ潔いと僕は思います。

 

 

 

親鸞上人が残した和歌に、

 

 

 

明日あると 

思う心の仇さくら 

夜半に嵐の吹かぬものかは

 

優柔不断がもたらす”罪”を示唆しております。 

明日の事は誰も知るよしもありません。

 

今がその時、その時が今なのです。

 

後悔は、やってする方がやらずにするより、数倍気も晴れます。

 

 

 

2011年5月13日

成嶋弘毅