· 

春の訪れ

間もなく春が訪れ桜や蓮翹(レンギョウ)の花々が咲き、同時に沈丁花が匂い鳥がさえずり春を告げます。

中でもその美しさを誇り咲く“桜”は日本が誇るべきものだと思います。

しかし、その優雅な花は驚くほど早く散ってしまうのです。だからこそその花を愛し惜しむ人が多いのでしょう。

 

世に絶えて

桜のはなのなかりせば

春の心はのどけからまし

 

と、散るをきずかい落ち着かなさを詠ったものですが、その心をいさめるように、

 

散らばこそ

いとど桜はめでたけれ

この世に何ぞ久しかるべし

 

と、詠ったものもあります。諸行無常を感じさせる詩ですが正に真理です。

日本人は桜を潔さ(いさぎよさ)の象徴として来ました。

 

敷島の大和心を人とはば

朝日に匂う山桜花

本居宣長

 

この詩はその最たるものだと思います。清く美しい日本の春です。

 

2008年2月末日