· 

平家物語

平家物語序文:ー

 

私が、ものの摂理として常に心に抱いている文です。

皆さんにも記憶頂きたいと思いお伝えします。

 

祇園精舎の鐘の音

諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理を現す

奢れる者久しからず ただ春の夜の夢の如し

猛き者もついには滅びん 偏に風の塵に同じ

 

訳文:ー

 

祇園精舎

須達長者が釈迦の為に建てた説法道場用の寺。 

 

諸業無常

仏教の基本思想、人生のはかなさ。

 

沙羅雙樹

釈迦が涅槃に入った時、四方に二本ずつ生えて居た樹。

 

盛者必衰

盛んな者もいつかは必ず衰える事。

 

奢れる者久しからず

贅沢は長続きしない証し。

 

猛き者もついには滅びん偏に風の前の塵に同じ

強力な存在もいつかは滅びる。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

威張る、武張る、ひけらかすことの無意味が判るような気がします。

諸業無常を心に、されど努力は重ね、思い上がるを法度とした生き方を

 

して生きたいものです。

 

 晴れてよし

  曇ってても良し富士の山

   もとの姿は変らざりけり

 

周囲の情況など構わずに、富士は常に変わらず泰然自若としてそこに存在する。

そんな姿勢で生きたいと思います。

 

 

2007年11月30日