武士道

武士道 · 2011/04/28
武士道が日本国民に迷惑をかけたとしたら、 先の大東和戦争が最期だったのではないでしょうか。 ではなぜ、武士道は戦いの時に利用されるのか。 それは戦いや、勝敗を決する時に必要なものが内臓されているからです。
武士道 · 2011/04/14
私は子供のころからどちらかと言うと、日本人の伝統的生き方に 寄って成長したと思っています。 親が事業を営んでいたため経験した経済的浮き沈み、成長してからの自分自身の変化にも、自然親からの教えに沿って生きてきたのです。
武士道 · 2011/04/07
新渡戸稲造の武士道に、『武士の仁愛は他の者の仁愛と異なる訳ではない。しかし武士においては正義を忘れない仁愛があり、その背後に,相手に対する生殺与奪の権力を有した愛なのである』と書いています。
武士道 · 2011/04/01
武士道は物事を進め、達成する為に働く者(サムライ)の規範であり、そこには強い行動力が要求されます。言ってみれば核燃料の”核”のようなものなのです。使い方によっては非常に危険を伴うパワーです。でも、それがなければまたものが動きません。
武士道 · 2011/03/28
去年(2010年)の6月から会社に出勤をしなくなり、つい必要もなくヒゲもそらずにいたことが度々ありました。そしてあるとき、鏡を見て自分の顔を見ますと何か変なのです。一番に確かにもう若くなく、シワも深くなり肌も艶を失っています。その上無精髭では何ともしまらない姿でした。そこで葉隠を開きました。
武士道 · 2011/03/22
今回の災害のその報道ですが、国内で報じられているのと海外のそれは食い違うと云うコメントが耳に入ります。そこで一言あります。 日本の報道機関が同じ国民に真実を隠し報道するとは考えられません。あるとすれば、必要以上のパニックを引き起こすことを考慮してのことでしょう。
武士道 · 2010/11/10
今また坂本龍馬がもてはやされています。剣の腕前も北辰一刀流。千葉道場で学んだと云うことから、今NHKで放映中の「龍馬伝」では勇ましいシーンも多く見られます。しかし、人を切る事は好まないサムライと云うよりも政治家的な印象を僕は以前から龍馬に持っていました。
武士道 · 2010/11/10
葉隠(侍の生き方を具体的に紹介した本)から得た知恵で、僕が実生活に利用して来た特に問題解決に有効な考えを紹介します。それには何が一番かと云いますと、『物が二つになるが悪しきなり。武士道一つにて、他に求むることあるべからず。』に始まります。考えが複雑になるのが悪い。一つの事を信じることが、良いと言っているのです。
武士道 · 2010/10/13
誇りと自惚れは紙一重なのです。あまり誇りを人前でオンパレードすると思い上がりを感じさせます。さもなくても人は嫌味に感じるでしょう。これもまた刀と同じ、研ぎすまして鞘に納め抜かずに置く。
武士道 · 2010/10/13
僕が十代の不良少年時代、それを容認していた母から絶えず諭されたことがあります。それはどんな時も態度、言葉、礼儀を逸してはならないと云うものでした。特に身だしなみには絶えず注意を受けました。お洒落は良し。

さらに表示する